• フィンチ・グレース史

教授法1


教授法1の内容として、

  • 各自の進化を助ける内容と、

  • 基礎コースを教える時に使えるツール

が掛け合わせられるように与えられています。


ホールエナジーマネージメント®️の学びは、エネルギーヒーリングの実践と、毎日の生活での経験を通した精神的な成長の学びのバランスを大切にしています。感覚や直感を磨いて神聖な世界に繋がることと、人に伝えるための理論や言葉での説明という右脳と左脳のバランスの取れた発展が現実的な発展の基盤になるからです。


ファシリテーター対象の「教授法のセミナー」では、毎回の宿題を活かして、益々ご自身の進化の為、ファシリテータートレーニングを効果的に進める為の、自己研鑽を積んでくださっています。毎回熱心に取り組んでいる、小川彰子さんのレポートをご紹介します。


教授法1-5 ホームワーク8/23

A自立したいけど・・・、Bスピリチュアルな学びを始めたいけど・・・、

私にはできない、、、という状況の方を

最近何度かセッションしていてタイムリーです。

(夫婦でも良く日本人の自立について良く話が出ます)

そして、ホールエナジーマネージメント®で一緒に学んでいる仲間たちも、もちろん私も!

これからは自立してどんどん自分を発揮してたくさんマニフェストできるように

なっていくと楽しいですね☆

そこで、このふたつのパターンの1〜4をそれぞれ考察してみました。

A 「自立したいけど、私にはできない」流れにいる方

1. 文化的要因、ビリーフ、どんな感情のブロックがあるか?


文化的背景:

  • 自立に向かわない教育システム(個の否定から入る学び方)

  • 親と同居してパラサイトしているなど経済的にも精神的にも自立する機会を得られていない。

  • 特に女性は自立できない仕組みになっている。そして、その事を疑問に思っていない方も多い。

  • 自立の解決法を結婚に求めている。

  • 自立について考えたり学ぶ機会がない。

ビリーフ

  • 社会や世の中に対する違和感や怒りを感じながらもそれを私たちにはどうすることもできないというビリーフや諦め。

  •  みんなと一緒だと安心。自分で決めると良くない結果になるので

  •  誰かに決めてもらった方がいい。というビリーフ。

  •  自分の意見は意味がないというビリーフ。

感情のブロック

  • 自信の欠如。

  • エネルギーの枯渇。

  • 自立する事への恐れ・不安。

  • 人からの評価への恐れ・不安。


2. 精神的発展にはどんな助けが必要か?

  • 安心して自立に向かえる場所づくり

  • 学校や家庭、日本の社会という視点を超えた自立についての新しい学び

  • フィールドワークなどの実践的な方法で体験しながら、一緒に自立の仕方を学んでいくこと

3. ステップバイステップの手順は?


自己愛の学び

  1. 自分の本当の感情をみる練習

  2. エネルギー的な自立の学び

  3. 自己表現の練習

など実生活で自立するためのベイビーステップのサポート


4.どういう方法があるか?


  • 自己否定的な行動の観察→ビリーフやマインド、パターンを光にする

  • 絵を描いたり、粘土で遊んだり、ハミングしたり、ダンスをしたり。

  • 頭を手放して子供のような感覚になるワーク。

  • ゲーム感覚で遊んでたくさん間違える練習。(間違っても楽しい雰囲気の中で自分を表現する練習)。

  • ジェスチャークイズなどをグループでする。

B「スピリチュアルな学びを始めたいけど、私にはできない」流れにいる方


1. 文化的要因、ビリーフ、どんな感情のブロックがあるか?


文化的要因

  • 古今東西、さまざまなスピリチュアルが混在する日本の今の状況。

  • 混沌とした雰囲気があるスピリチュアル界への不信感。

  • ビリーフ:スピリチュアルな学びは特別な人がするものというビリーフ。

  • スピリチュアルな人になると一般社会では認められなくなるというビリーフ。

  • スピリチュアルな学びは人には理解してもらえないというビリーフ。

感情のブロック

  • 人に否定されたり、攻撃される事への恐怖。

  • 自分のスピリチュアリティーを感じる事への恐れ。

  • 変化への恐れ。

  • 力を発揮する事への恐怖。

  • 過去生での経験による恐れ。


2.どんな助けが必要か?

  • スピリチュアルな学びへの安心感を得てもらう事。

  • 恐れや不安へのケア。

  • 上と一緒に純粋なエネルギーと意識でサポートする事。


3. ステップバイステップの手順は?

  1. 呼吸法やヴィジュアライゼーションで自分の内側に入る練習

  2. 自己愛の学び

  3. 自分の感情を見る練習

  4. 自分のエネルギーを感じる練習

  5. ガイドやハイヤーセルフを感じる練習

4.どういう方法があるか?

  • 自信や力を取り戻すためのチャクラのエネルギーワークや自己愛のワーク

  • 絵で恐れを表現する。

  • WEM♡caféのような学びの仲間に触れる。

②皆さんの「自己充足能力」はどうか?

今現在与えられている課題をどう使えば、自己充足能力を高められるか?

私の今の自己充足法は、ソースにつながったり、魂の叡智を感じたりする事です。

その後で頭に浮かんだ事をすると学びになったり、良い流れになります。

今与えられている課題は、「自立のために上につながりながら自分の光や魂の道を信じる事」。起きている事すべてを上から与えられた学びととらえて毎日を過ごすことで、自己充足能力が高められると思います。 それから、人間界の感情のドラマからディタッチして、5次元に向かうことも私の課題ですが、自分に集中する時間を大切にする事と自分の叡智を信じてインスピレーションで動いてみる事でも自己充足能力が高められると思います。

③自己充足を高める助けになるツール、方法、ビジュアライゼーションなど閃いたら教えてください。

  • 自分が楽しいと思うことはなんでも自己充足を高める助けになるツールになると思います。

  • 楽しいことをしていたら、時間がいつの間にか過ぎていく気持ち良い感覚をいっぱい探すと良いと思います。

  • 体操や運動だったら一つからはじめるなど今できる自分の方法でチャレンジしてみる。

  • 自分には無理だと思っていたことが本当に無理なのか見直してみる。

  • まずは、自分を良く知ることだと思います。そういった意味でホロスコープも自己充足を高めるツールになると思います。ホロスコープだと1〜6ハウスが自立までのハウスです。その中でも5ハウスは、その人にとっての喜び(趣味・遊び、個人活動)のあり方を示す場所だったりします。

追加(予定外)

㊄本当の自分を覆い隠すために、マインドが上手に理由を作り上げる

弱い自分を出さないように、マインドが理屈で定義付ける

見たくない、触れられたくない真実を隠すために、無意識にどんな行動をとるか?そのパターンがあるか?

この観点から自分に入ると、古いパターンに気がつけて、大飛躍という素晴らしい結果を導き出せることがあります。

自分を表現するときにどこかでまだ闘っている自分に気づきました。

受けいれてもらえない恐れを見たくなかったのかなと思います。

自己愛の学び、深めるきっかけになりそうです。

そして、本当はもっと調和していきたし、愛でつながりたい自分もいて安心しました。

あと、自分のなかに残る権威・プライドをもっと手放せたらと思います。

そして、今、私自身も自立についていろいろと考えさせられる流れになっていてありがたいです。わかってきたことは「共にあるための個のあり方」がとても大切だということです。

そのためには、自己の充足とお互いの尊重が大事だと思います。

「私たちはできる!」から愛で始まりつながる関係。

ソースの叡智・私の叡智を信じてこの学びを深めて、素晴らしい協働をしていきたいです。


以上が、彰子さんが提出してくれたホームワークです。

このようにまとめていくにしたがって、自分自身のコースやマニュアルを創れるようになります。毎日の生活と経験から、皆の進化の為に必要な内容とツールが整っていき、同時に高まっているエネルギーによって仕事として実現していくのです。


その他の方からも、ビジュアライゼーションを含め、自己研鑽の結果が届いています。


明日の教授法1-6では、太陽神経叢とエゴについて、自己実現能力のためのチャートとビジュアライゼーションを紹介します。


皆さんが多くの人を分かりやすく導いていくことができますように!新しい愛と喜びの人生を送る人が増えますように!





© 2020 by Whole Energy Management®️/ LLC  Transformational Living/  Fumi Grace Finch

​所在地:沖縄県宮古島市平良久貝