スピリチュアルな発展と英語教育

英語脳と日本語脳

言語学の見地では、日本語は左脳言語、英語は右脳言語と言われています。それは通訳や翻訳を通しても、英語で教育する学校の教諭をしていた時も、もちろん日常会話をしている時に気が付く、様々な違いからも実感できます。

スピリチュアルにも色々な側面がありますが、左脳発展に重きを置いている社会や教育で慣れた思考の使い方から、右脳を発達させて、一般的には見えない、聞こえない、感じないとされている領域が理解できるようになる訓練です。

幼い頃から英語が大好きで、幼児期はドリス・デイ、思春期は海外ポップスの歌を丸暗記しながら身に付けた私は、当時から不思議なことに気がついていました。英語で話そうとする自分と、日本語で話す時の自分の性格や自己表現内容が変わるのです。その後、英語教育、日本語教育にも携わりながら、色々なリサーチをしました。音楽が専門なので、言葉とリズム、音程、発声など、インターナショナルスクールの音楽教師としても研究と気づきの日々でした。

スピリチュアル講師となって10年が過ぎた今年、英語が話せるようになりたいと希望する受講生の方と話していて、英語会話を勉強することがスピリチュアルな発展にもとても役立つことに気がつきました。すでにこの学びを初めてくださっている方の中には、これまでと違う自分、より積極的な面や自信、自尊心、自分のままでいる強さなどが毎回開花するように感じてくださっている方もいらっしゃいます。

私たちが学ぶスピリチュアルは、特殊能力を身に着けるということではなく、普通の人間として自尊心と自己愛を発展させ、潜在意識をポジティブに変容させた結果、波動が上がり自然に人生が素晴らしくなり、魂がもつ才能が発揮できるようになることを目指しています。

それは大人だけではなく、子供の頃から学んでいくべき内容ですが、もし英語とこのスピリチュアルを両方教える、英語を通して右脳開発とも言える教育をエネルギーを深く理解しマスターした大人が教えることができたら、どんなに素晴らしい結果になるか!

そんな未来を現実にする為に始めました。

まずは受講生の方が、美しいサウンドとリズムの英語で意思疎通ができるようになることを目標にしながら、そのトレーニングがどんな風にスピリチュアルな発展に繋がるかを経験していただく頃から始めます。

最終的には、スピリチュアル英語講師として認定することを目標にしています。

受講条件:Whole Energy Management®️ファシリテータートレーニング受講中の方

オンラインセッション、2時間✖️12回=158400円

​英語を話したいけど、今までは苦手だと感じている方にお勧めです。

 

お問い合わせ・お申し込み info@finchfumi.com

© 2020 by Whole Energy Management®️/ LLC  Transformational Living/  Fumi Grace Finch

​所在地:沖縄県宮古島市平良久貝