個性=魂→奇跡!

コロナワクチン3回目の接種を受けたお陰で、休息の時を過ごしながら、沢山の映画を見ていますが、やはり事実を題材にしたドキュメンタリーものの感動がやめられません。


数年前にタイの洞窟の中で遭難した子供14人のレスキューの現場映像で作られたナショナルジオグラフィック「ザ・レスキュー タイ洞窟救出の奇跡」は、人間のコンパッションと神聖な世界が一緒に起こした素晴らしい奇跡で、感動しました。(Disney+)


サッカーチームと若いコーチ14人が閉じ込められた洞窟は、山の内部に何キロも続く狭い水路のようなもので、時期はちょうど雨季、大雨がその中に流れ込んでいきます。その洞窟を研究してきた現地在住イギリス人が政府や軍の関係者に訴えます。


普通のダイバーではだめ、ケーブダイバーが必要だ!


イギリスからアマチュアのケーブダイバー二人が要請に応えやってきますが、タイ軍のダイバー特殊部隊シールズとぶつかります。トレーニングを積んだ精鋭部隊の軍人には、アマチュアダイバーのおじさん二人が、自分たちより凄いことができるとは到底思えなかったのです。


アメリカ軍や中国などからも専門家やボランティアが集まって、電線のケーブルを引いたり、雨水を抜き出したり、沢山の人が力を合わせて、絶望に負けず働きました。そして、9日後に二時間潜水して辿り着ける場所で、14人全員が生きていることを、イギリスから呼ばれていたケーブダイバー二人が発見します。そこまで、たどり着けたのは、アマチュアであっても、洞窟を知り尽くしているケーブダイバーだけだったのです。


発見したものの、この子供達をどうやって長距離のダイビングで連れて帰れるか!は、とても難しい問題でした。イギリス人のケーブダイバーは、ケーブダイバー仲間であるオーストラリアの医師に連絡して、麻酔をかけて眠らせた状態で潜水させ連れ帰ると言う方法を相談します。が、その医者さえ絶対無理だと思った難しい事。それでも、他には手はなく、大臣や軍人を説得し、不成功に終わった時には自分達が訴えられる覚悟で決行し、成功させるのです。そのために、イギリスの二人とオーストラリアの医師に加え、ヨーロッパからも貴重なケーブダイバー数人が集められました。


感動したのは、ケーブダイバーの人達の証言でした。彼らは、一般的でメジャーなスポーツは得意ではなく、子供のころからいじめられやすく、孤独を感じていた、と言う証言です。それは先週開催した「子育て・教育Cafe」の内容を思い出させるものでした。


閉所恐怖症を起こしそうな洞窟の水の中をダイビングすることに、平安を見出し、没頭して腕を磨いていても、とてもマイナーなスポーツで、自分に対する価値感を感じることはできていなかった、というのです。しかし!この遭難を救えたのは!無償のボランティアで遠い国から駆けつけ、経験と知識、そしてひらめき、強い意思と決意でタイを説得してやり遂げたのは!!!紛れもなくそういう彼らだった!


「少人数→孤独→差別→自己価値喪失」ではなく、


少人数=貴重=個人の尊重=重要な能力と人類全体を豊かにする価値!に、皆が気がつき、孤独ではなく自己価値を育てるサポートを!と言う「子育て教育Cafe」で語ったことが証明されていて、本当に感動しました。


「子育て教育Cafe」のビデオは、500円からのご寄付でご覧いただけますので、興味がある方はご連絡ください。info@finchfumi.com


タイの子供達は、発見されるまで9日間、何も食べずに暗い洞窟で耐えていました。イギリス人二人のタイバーが到着した時には、どんなに嬉しかったことでしょう!すぐにも真っ暗な場所から連れ出してもらいたいと願ったことでしょう!しかし、救出にはその後一週間以上かかったのです。どんなに長い時間だったことでしょう!!!


子供達の親や家族が、洞窟の外で祈っている映像は、ニュースでも見て知っていましたが、その地域で崇拝されていたスピリチュアルリーダー(僧侶)も祈りに参加していました。子供達に洞窟の精霊のブレスレットが渡されていたり、神聖な世界と一体となった人々の祈りの功績も大きかったのは当然です。


それにしても、ビデオに映っている子供達が、静かに落ち着いて微笑んでいることに驚いてしまいます。どうしてこんなに長い間、冷静さと希望を保ち、平安の中にいられたのか?それも映画で分かりました。子供と一緒に遭難していた若いコーチが、子供達に瞑想をさせていたのです。


どんなに大変でも、難しくても、ハートで呼吸して、神聖な世界に繋がるだけで大丈夫になる!も、証明されていました!!!


先日、三つ目のpodcastをアップしました。瞑想(ビジュアライゼーション)で、悩みを乗り越えるような内容ですが、アーススターと地球との繋がりがとても強化されます。どうぞ、こちらもお聴きください。そして、身近に必要な人がいたら、紹介してください。


この画像をクリックしてくださるとpodcastのサイトに飛びます。


ポスター制作:三本木早苗Execファシリテーター  感謝💕

閲覧数:113回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Code とCord